ハイブリッド化粧屋根工法 コラーキングWO 【ウッドデッキ】
 HOME製品情報 ハイブリッド化粧屋根工法 コラーキングWO 【ウッドデッキ】
 
特 長
屋根にウッドデッキ(イペ材・ホンゴシ材など)を施工する事で屋根とは思えない活用空間が広がり、様々なニーズに対応できます。
ウッドデッキを受けるシステム金具は屋根本体に穴を開ける事無く取り付けますので漏水の心配はありません。 また、システム金具はウッドデッキ以外にも様々な化粧材に応用が可能です。
ウッドデッキと屋根面の間に空間を形成し、直射日光の遮断と通気を確保する等の利点が多く有ります。
ウッドデッキの下地には数多くの実績を誇るハーパーズストロングルーフ300を使用します。
製品断面図
仕 様
働 き 幅 300 mm
板   厚 0.4 mm 〜 0.6 mm
勾   配 1 / 100 以上
 
T&T・V&V(アルミ押出型材)PC(化粧PC板)WO(木ルーバー)WO(ウッドデッキ)平瓦▲ページトップ

縦葺工法

横葺工法
緑化工法 外断熱工法
太陽光発電 有孔パネル
トラスシステム 化粧屋根
雪止屋根 金属成型瓦
折板    
各製品の標準納まり図、変形屋根の納まり図等のCADデータ(DXF)を配布しております。
当社が過去に施工した物件のご紹介をしております。
     

Copyright (C)MAX KENZO株式会社 All Rights Reserved